SSブログ

バブル期のクリスマスプレゼント/ティファニーオープンハート、あの時代の思い出 [バブル時代/80年代後半~90年代初頭]

クリスマスが近づくにつれ、
気持ちが沈む男の子も多いと思います。

つまり「クリスマスに勝負をかける」
男の子たちです。

それはバブル時代には、
現在とは比較にならないほど、
男の子たちにとっては必死だったのです。

2016y01m05d_002133917.png

この当時クリスマスイブには、
シティホテルにお洒落な高級レストラン、
貴金属、花束と言われた時代。

「レストランのディナーに3万円、
プレゼントに3万円、
シティホテルの部屋に3万円」
とだいたい10万円はかかるとされていました。

その一晩のために、男の子たちは夏休み明けから、
さぼれる授業はさぼりまくって、
バイトに精を出さなくてはならなかった
時代だったのです。

2016y01m04d_234952278.png

当時、プレゼントの基本は女の子たちにとって
「とりあえず、ひとつもらっとかないと」
とされたのが、
ティファニーの“オープンハート”でした。

クリスマスーディナーのテーブルで、
男の子は精一杯さりげなさを装って、
借り物タキシードのポケットから、
あの白いリボンでくるんだ
水色の箱を取り出したものでした。

あ、いまドキッとした元女の子のあなた、
あの晩、彼からもらったあのオープンハート、
いまどこにしまってありますか。

一度も磨かないまま、黒ずんじゃってませんか。

それともとっくに、質屋に流しちゃいましたか。

【スポンサード リンク】



いまは銀座通りの2丁目に巨大な店舗を構えるティファニー、
バブルの頃は銀座4丁目交差点の
三越1階に店舗を構えていました。

1990年12月15日、
オープンハートが入荷されたこの日、
銀座三越開店と同時に1階のティファニーには
二重、三重の人垣ができたことが、
新聞でも報道されていました。

その9割方が若い男性だったそうです。

昨年の同時期にも、
オーブンハートが売り切れになり、
「彼女に言い訳ができない」という客に、
店員が個人的に売り切れ証明書を
一筆したためたこという伝説もあるのです。

2017y09m17d_221129180.png

当時、西武百貨店
宇都宮店(2002年12月25日 閉店)の調査によると、
クリスマスプレゼントの平均額は
女性が2万円なのに対して、
男性は5万円だったそうです。

当時、高価なものを彼女にプレゼントしたり、
せっせと食事をおごってくれる男の子のことを、
女の子は「ミツグ君」とよばれ、
揶揄(やゆ)されていました。

「ミツグ君」という流行語は、
バブル崩壊以降は消滅したコトバです。

しかしクリスマスプレゼントの平均額は
既婚者になると、
男女とも1万円と値下がりするところが、
なんともわかりやすすぎ? 

「オーブンハートが売り切れで、
店頭でベソをかいた男性がいました」と
店員さんに証言されてしまった彼、
今頃どこでどうしているのでしょうか。

【スポンサード リンク】




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます